ポコちゃん、安らかに。









昨年の真夏(7/31)に新しい犬生をスタートしたポコちゃん、


可愛い可愛いポコちゃん、昨年12月20日虹の橋を渡ってしまいました。






ポコちゃん2(2017-1-8)_convert_20170108122132
                    (公園で散歩・預かり時代)




訃報の連絡を頂いた時あまりに突然で 
ポコちゃんが逝ってしまったなんて信じ難いことで
全身がそれを拒否してガタガタと震えました。

でも.. 受話器の向こう側で声を詰まらせながら
「これからなんです これからだったんです」 と繰り返すママさんに

ああ.. 本当にもって行かれて(命が)しまったんだ..と
そんなんだ.. と残酷な「現実」が突きつけられていました。









20日の朝は普段の通りで 午前中ポコちゃんはいつものお留守番をして
お昼にいぬ親さまが昼食のために帰宅

その時にポコちゃんの異変に気付き直ぐに獣医さんへと急ぎ
出来る限りの処置をしていただき そのまま入院

夕方元気になって帰れるだろうと思っていたが
数時間後に連絡が入り 天国へと旅だっていったと。。





ポコちゃんはショック状態だったそうで原因は解剖をすればわかると...
もちろん、ご家族でしない方を選択されました。

ポコちゃん、ホッとしたことでしょう
わたしのお腹切らないでといっていたでしょうから








ポコちゃん3(2017-1-8)_convert_20170108122151
               (今はふたりとも天国に・預かり時代)






お届けした日に外に出て到着を待っていて下さったことや
近くに遊ぶのにちょうど良い川があるし ドッグランにも連れて行きたいし
と嬉しそうにこれからのポコちゃんとの生活を楽しみにされてた様子や

健康の為に早食い防止のお皿を用意して ポコちゃん専用ソファには
準備して下さったリードやハーネスが丁寧に並べられていて 
脱走防止の為にDIYでお庭のフェンスをガシっと丈夫に作りかえて下さっていたこと

                     どれも鮮明に蘇ってきます。



初めてのドッグラン 初めての川遊び
ゲストを迎えた賑やかな食卓の団欒の中にいるポコちゃん
ピコピコ鳴るボールを得意げにくわえてるポコちゃん

ポコちゃんを迎えた嬉しさ溢れる様子を届けて下さっていました。

そして、23日にはポコちゃんを連れて預かり宅へと
会いに来て下さる予定だったんです。








ポコちゃんを大切に大事に育てて下さって
困った事でさえも 嬉しそうに連絡を画像付きでくださって

いぬ親さまのお気持ちを考えると胸が締め付けられます。
その悲しみの大きさ深さは 本当に計り知れない..です。







ポコちゃん(2017-1-8)_convert_20170108121849
             (自動車でお出かけ・いぬ親さま撮影)




いぬ親さまは、

今おもうことは ポコに居心地の良い場所と絆で繋がった家族と共に
年をとって欲しかった。それを叶えてあげられなかった悔しさです。
今日をもっと大事にすれば良かったというか、、、

と仰っていました。






悔しさ.. 本当に悔しいですね.. 私も悔しいです。
どうしてお別れがこんなに早かったのか..それすらわからない。

でも、わかっていることがあります。

それは幸せの度合いは生きた時間の長短だけでは決められないこと
ポコちゃんは家庭犬として暮らせた4ヶ月半すごく幸せだったこと
これからもご家族の、そしてみんなの心の中で生き続けていくこと

はっきりとわかっています。







ポコちゃん、

突然ポコちゃんの体に起こったことでビックリとしてしまったでしょうね。
どうしていいかわからなくて少しお家にいたかしら..
苦しみはすぐになくなった?  (そうだといいけど..)

先に逝ったみんなと楽しくあそんでますか?
ぐぅたに迎えに行ってあげてって、話しかけてたんだけど
出て来てくれたかしら?

ポコちゃん、全ての苦しみから解放されたのだから
思いっきり走って遊んで下さいね。

ポコちゃんの家族を見守っていて下さいね。

ポコちゃんのことずっとずっと忘れません。忘れられません。

気が向いたら、おばちゃんとこにも遊びに来てね。








ポコちゃんは、
短かかったけれど懸命に生きて
2016年12月20日永遠の眠りにつきました。




みなさま、応援をありがとうございました。






          ポコちゃん、安らかに。。。 合掌。







******************



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あまりに突然のお知らせに息が詰まってしまい、いまも指が震えています。
ポコちゃん、早すぎるよ。
ご家族のことを考えると、あまりにつらすぎます。ごめんなさい、もう少し落ち着いてからコメントするべきだったかもしれません。
ご冥福をお祈りします。

信じられません…

ポコちゃんの訃報、あまりにも急で信じられません…。
ケビンとお見合いした時は、あんなに元気だったのに…。
里親様は相当ショックを受けられたことと思います。
こんなに早くにお別れが来るなんて、想像もされていなかったでしょうに…。
お気持ちお察しいたします。
生きているものにとって、死は避けてとおることは出来ないこと。
でもそれがあまりにも突然だと、残された家族はなかなか受け止めることが出来ませんよね。
私もケビンとポコちゃんとのお見合いが上手くいけば里親になる覚悟が出来ていたので、ポコちゃんの訃報には相当なショックを受けました。
でもポコちゃんは本当の家族に出会い、そのご家族の元で虹の橋を渡ることが出来たので、ポコちゃんにとっては幸せだったのではないでしょうか。
ポコちゃん、お空でぐぅた君と仲良く遊んでね!

ふぅちゃんアンちゃんママさんへ

コメント下さって、ありがとうございます。
驚かせてしまいました、、。
記事にする方がよいのか、このまましばらくお知らせすることはなく、、といくか
いぬ親さまも私も迷うところだったのですが、
突然の悲しみや悔しい気持ち、きっと分かって頂けるって思って、
何よりも、ポコちゃんが頑張って生きた!ってことを残したくて、
記事にしました。

ケビンママさんへ

本当に突然のことでした。現実を受け止めることが、時にこんなにも難しく苦しいことだと知りました。いぬ親さまのお辛い気持ちは到底言葉には出来ないと思います。
こうして、悲しく辛い気持ちを一緒に受け止めて、それがすぐには薄らぐことはなくても、ポコちゃんをみんなで思い出し偲ぶことに繋がれば、、と、そういう気持ちで書かせて頂きました。
私も、同じように思ってます。いぬ親さまの元で虹の橋を渡ったポコちゃんは
本当に幸せだったと!!本当に本当に!幸せだったと!!
毎日盗み食いを企み、元気に散歩し、水遊びをして、
専用ソファに長々と手足を伸ばし安心して眠って、、、。
充電したら、起きてまた同じように繰り返して。。

あまりの急なことに驚いています。
ご家族、ぐぅたママさんの気持ちを思うと、胸が苦しいです。

でもご家族様が撮られたポコちゃんの写真の、表情の穏やかなこと。
幸せいっぱいに過ごされていたのがよくわかります。
ご冥福をお祈りいたします。

けめちゃん#みるくママさんへ

後部座席のポコちゃん、瞳が嬉しさに満ち満ちてますよね!
上の2枚の写真とは違って、安定してるというか、安心感の度合いが
違うっていうか。だから、本当に幸せな日々だったって思うんです。
幸せだったって、、。奪われてしまったのは辛いけど、でも、
長さじゃだけじゃない、そういぬ親さまが思って下さる日が早く来て欲しいって
思ってます。

本当に穏やかでよい表情ですよね。。

最近はなかなか日参できずにいましたが、いまポコちゃんの訃報記事を見て驚きました。愛おしい我が子を亡くされたいぬ親様のお気持ちを思うと言葉が見つかりませんが、ぐぅたママさんの仰るように期間の長短ではありませんね。
ポコちゃん、4ヶ月半すごくすごく幸せだったと思います。ご冥福を心よりお祈りいたします。

ご家族の心を思うと、本当に悲しいです。

ご家族が撮ったポコちゃんの写真、本当に可愛くて幸せに溢れてますね。
本当の家族に出会えて幸せだったと思います。

みなさんへ

私のほうこそ、すっかりご無沙汰してました。
長短でない!絶対そうだし、それでないとあまりにポコちゃんが可哀想だし、
いぬ親さんが辛過ぎる、、、。いぬ親さん、写真を見てポコちゃんが生きた証しだって、、それきいて本当に泣けた、、泣けました、、、。
みなさんも辛さをうけとって一緒にポコちゃんのことを悼んでくれてありがとう。

桃ママさんへ

でしょ、お目目キラキラ輝いて期待に溢れてますよね。
どこにいくのかな〜 どこかなどこかな〜〜♪って。
喋り出しそうな表情だし。
幸せな日々を送ってたのがこの一枚に凝縮されていますよね。
プロフィール

hirotcoogoo

Author:hirotcoogoo
ちばわんのお手伝いで保護犬の一時預かりと里親様探しのボランティアをしています。
預かりっ子の日常を綴ってゆきますので応援宜しくお願いします!
(画像は今はお空にいる我が家のぐぅた。いつも優しく預かりっ子を迎えてくれました。ゆっくり休んでね。)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
ちばわんホームページリンク
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
月別アーカイブ